船橋マルチリンガル

ドイツ語掲示板

ドイツ語掲示板

新規トピックを投稿する

認証コード(6541


5月8日学習会例会

  • 投稿者:ドイツ語会話クラブ事務局 (2018-05-03 (木) 08:28:29)

みどり風 休みはしゃいで 床に臥す

ドイツ語会話熱烈学習の同士のみなさま、ゴールデンウィークいかがお過ごし
でしょうか?
ナッ、なんです!?またまた海外で羽を伸ばしているのですって!
うらやましいかぎりですね。

ワタクシは、国内に居ながらこの連休前半ですでに息切れ、バテてへこんでおり
ます。2月に罹ったインフルB型の時よりも高い熱が出てしまい、仕事も休み再び
療養の身の上となっております。
(今日は熱もだいぶ下がってきましたのでこちらの投稿欄に失礼させて頂きます。)

しかし、今年は一月から不思議に健康被害に遭うと申しますか、病気に罹る機会が
多いように思っております。

寝床に臥し年初からの我が身の振舞をつらつら振り返るのですが、たしか正月は
鎌ヶ谷の御滝不動と近所の上山神社へ初詣、2月は日光大権現様、4月はJRの広告
で有名になった(?)雲厳寺参りをしてそれぞれ世界の平和と家族の健康、収入
増加と何か良いことが起きますように等々、色々熱心にお祈りをしてきていると
いうのにこれはどうしたことかと、熱の所為かついつい神仏の威光を疑って見た
りするのです。

熱が下がり少し冷静さを取り戻すと、いやいや、これはやはりジワジワと寄る
年波のなせる業かとも思い直す次第です。

皐月荒れ 木々の緑や 深みます

さて、季節は5月、元気になったらハイキングや山歩きに出かけ青々とした新緑の下、木々の香を胸いっぱいに吸い込んでみたいと思うのはワタクシだけでしょうか。
野辺を歩いたり、小高い山を登ったりして自然と親しんでいると何故か人は不思議
と哲学人になるのではないかと思います。

その証拠に、90歳を過ぎても日々畑に出ている田舎で一人暮らす義父の日に焼けた
皺だらけの顔を見るたびに、いつも何かを、そう、「生きることの意味」を、教え
られているような気持ちになるのです、。

柄にもなく大仰な話になりましたが、多分熱の所為でしょう。

で、5月の学習会のテーマは下記の記事を選びました。

*中上級グループ用資料*
≪Pilgern ist in  巡礼ブーム≫
http://www.dw.com/de/pilgern-ist-in/l-43319030
od.
http://www.dw.com/de/pilgern-ist-in/a-43321170

日本だけでなくヨーロッパでも、いえ世界中が自国の経済成長に躍起になって
います。アメリカ発のグローバリジールングだ、ボーダーレス化だ、効率主義、
成果主義だなどの思考様式に、我々はいつの間にかそれが当たり前のように
巻き込まれており日々の生活と格闘しているといえるのではないでしょうか。

ドイツでは、今、巡礼ブームが起こっているらしいとこの記事はその一部を教えて
くれます。何故巡礼ブームなのか、巡礼するとどんな功徳(?)を得ることができ
るというのでしょうか?
そのような観点を含めて皆で意見交換出来ればと思います。
(因みに、ワタクシのふるさとは四国ですが、すでに同地の八十八か所巡りは
数年前から大ブームになっているそうです。)
教材のコピーは事務局で用意いたしますが、必ず予習をお願いします。

☆☆☆
前回は本クラブ創設後初めてネイティブのゲスト参加がゼロの学習会でした。
そこであらためまして、本クラブは基本的に参加者各員の自学自習が基本となって
運営されていることを確認させて頂きます。その趣旨は、本学習会が参加者各位の
日頃の学習成果の自主的かつ積極的なアウトプットと相互研鑚の場であることを今
一度ご確認願います。
本学習会で各位のドイツ語会話の学習成果の過不足をご確認頂き同時に各位の更な
る学習の刺激にして頂ければとの考えでスタートしております。
従って、ネイティブゲスト参加のあるなしにかかわらず、ドイツ語会話、ドイツの
文化等々に興味を抱く同士の皆様とともに真摯に切磋琢磨し研鑚を積み上げて
参ります。
よろしくお願い致します。

5/27 BBQ Party for International Exchange

  • 投稿者:Freddie (2018-05-02 (水) 17:24:02)

Hello, how's going?
We are going to have a BBQ party on 2018/5/27(Sun) 12:00-16:00.
It will be 50-60 people out there and you can meet many people from all over the world.
The place is Kasumi park near JR Shin-Narashino station, it's a beautiful nature place, it's surrounded by woods, so there are many shades.
Let's meet many people and enjoy having a BBQ.

◇ Outline

  • Date: 2018/5/27 (Sun) 12:00-16:00
  • Participation Fee: 1,000 JPY (the fee is included only food stuff, participants supposed to bring own drinks)
  • Place: Kasumi Park BBQ Place.
    10 min walk from JR Shin Narashino station (Keiyo Line).
  • How to sign up: meetup, Facebook, or at the meeting in person.
  • Max number of people: 60 people.

◇ Schedule

  • 11:30 meet at JR Shin Narashino Station ticket gate
  • 12:00-16:00 Start BBQ at E-Area, (we can use fire at this area)
    You can enjoy Frisbee, Badminton, Jump Rope at the park.

More details
Please go to special website to get more information.

http://funabashimulti.com/fwd3/20180527j

4月10日学習会例会

  • 投稿者:ドイツ語会話クラブ事務局 (2018-04-01 (日) 22:44:44)

ほろ酔いに はらりひらひら おぼろ月 

こんばんは、ドイツ語会話熱烈学習の同士のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

暖かい春の日が連日続いたおかげで、いつもの年よりも相当早い東京の開花宣言!
あれよあれよの勢いで今年の桜は満開の時期を迎えてしまいました。(早すぎっ!)

ひらひらと舞い落ちる花びらに吹く風を感じ、あっあっと、あからさまに吹いて
来る風に、はらはらわさっ〜と散っていく花びらを見て、またあっあっと、
なんともせつない、言葉にはならない気持ちに囚われてしまいます。

「アンタ、いつからそんなロマンチストに?」と、誰かが皮肉っているかも。
イイのです、ほっといて下さい。

満開の 花より人に 酔い疲れ

ワタクシ、混む週末を避けて先週月曜日(3月26日)に東京の桜名所巡りをして
参りました。

まず、丸の内の将門塚にお参りして、期間限定一般公開の皇居の「乾通り」を振出
しに、千鳥ヶ淵、靖国神社、田安門、武道館、小石川後楽園、上りは駒込の六義園
と、600円の地下鉄一日乗車券をフル活用、そして歩きに歩き、クタクタになりま
した。

しかし、週初めの月曜日だというのにどこへ行っても人、人、人の賑わいでした。
いったいどこから湧いて出てくるのだと腹立たしくなるくらいでしたが、よく見る
と、ここもあそこも確かにシニアが多いのです。(ワタクシもその一人ですが)
わが国の現状とこれからを憂うる現実をいやでも見せつけられる思いにふっと
なりました。

マスコミの喧伝に乗せられ、(シニアに限りませんが)今日はこっちへ明日は
あそこだと意識的に徘徊しているさま、結局は個人の欲望を満たすためのみ
行為でしかないのではないか?と。
どうも、乗せられてしまっているではないか?と。

春陽射し 浮かれて遊べ 花心

で、今、世界中で観光ブームが取り沙汰されている様子です。
観光産業は世界のGDPの10%を占めているという統計も出されているくらいで、
低成長に喘ぐ先進各国(特にわが国)はこぞって観光産業に力を入れ始めている
のです。

今回は、その様子の一端を知らせる下記のドイツ記事を取り上げました。

【中上級グループ用資料】
http://www.dw.com/de/hilfe-die-touristen-kommen/l-42992440

この記事を参考にしてのDiskussionをとの意図です。
勿論、いろんな視点があると思われますが、ご参考に下記のような
Diskussionsthemaを考えてみました。(あくまでご参考)
*観光産業のなにがメリット、デメリットなのか?(良い点、悪い点とは?)
*観光産業で日本の景気はよくなるのかどうか?
*日本の観光産業を発展させるには何が必要なのか?
*世界の他の先進国と比べて、日本の観光資源は太刀打ちできるのか?
 出来るとすれば、それはどんなところか? 
*日本政府は2020年に訪日外国人の数を4000万人、2030年に6000万人に
 増大させる計画ですが、それは可能でしょうか? それはなぜ?

みなさま、新年度の最初の学習会です、新しい熱い気持ちでのご参加を
お待ち申し上げております、よろしくお願いします。

3月13日学習会例会

  • 投稿者:ドイツ語会話クラブ事務局 (2018-03-03 (土) 23:04:58)

ワッと春 花芽木々の芽 オオッ雲雀

ドイツ語会話熱烈学習の同士のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ナニッ!?「花粉で困っている」ですって、お察しいたします。
ホントに辛いものがありますね。

花粉症には汚染されていない美しい海水が良いって聞いていますが、
でもこの時期海に身を浸すにはまだチョッと冷たいかなと、ならば
思い切って沖縄辺りにでも出かけて頭からザブンとやって見るのも・・・。、

光射す 春の小川は 賑々と

さて、みなさま、賑々しい花見の季節がすぐそこにと迫って参りました。

ワタクシ、一度ならず心を静かにしてこの時期を迎えてみたいと思って
見るのですが、根っからのあわてものなのか、生まれが卑しいのか、梅だ、
桜だとひとり騒ぎ出し、ついには落ち着かないままにこの季節を何か忘れ
物をしているような気持ちを抱えたまま過ごしてしまうようです。

「アンタはね、ホンット、落ち着きのない人だから」、ビシッと軍曹が。

京都や吉野、はたまた三春や高遠などのいわゆる天下の桜名所と言われている
地へ桜見物に足を運んだことは一度もなく、季節が来ると家の近場の公園や
川岸の桜を見ては喜んでいるだけなのですがね。

「それでいいの、お金を掛けて遠くまで出かける必要がどこにあるのっ!
 花はネ、どこも一緒!花見は運動公園まで歩けば十分!アンタの健康
 にもいいし、無駄使いもないし、一石二鳥よっ」と。
わが家のシッカリ者の軍曹殿、いつもバッサリのもの言いです。

とにかく、桜は一度に、同時にワッと咲いて、サッサと散ってしまうのですから、
気持ちが忙しくなるのは仕方のないことかも知れません。

このような気分、ワタクシだけか〜!?
きっと日本で生まれ育ってみないと理解できない気分ではと思います。

日長愛で 夜は夜桜 愛で歩く

さて、少しばかり長くなるのですが、またご関心のある方がおられるかどうか
サッパリですが、先月にワタクシが参加しました真剣でかなりハードなある
研修会のご報告を少しだけ開陳してみたいと思います。
(実際研修初日から、終わる日まで毎日クタクタになりました)

それは、昨年ワタクシが受験し、みなさまの力を借りナンとか合格出来た試験
の勢いを駆って、参加しました某団体がこの二月に主催した「新合格者研修会」
の報告です。

この研修会の参加者数は、総勢でナンと200人近かったと思います。実務研修用
に貸切りバスが4台用意されていました。

まず、強烈な印象として残ったことですが、研修会の講師陣の陣容です。
過去の試験に合格しそれぞれすでにプロとしてバリバリ活躍されている
方々からなる13人の講師陣の男女構成比、女性12人に対し男性は2人でした。
(最終日のパネルトークは男性はたったの1人)

この陣容をつぶさに見て思ったのです。
語学力(実務に要する能力はそれだけではないのですが)で稼ぐ通訳案内士
と称される業界、そこは明白に女性ワールドなのだなと、まさにわが国に求め
られている女性が活躍する社会の実践場であるのだな、と。

知人の旅行会社のOBに言わせると、「それはそうだよ。お客さんへの当たり、
女性が持っている気配りなど男とはもう全然違うからね。」と。

その昔、ワタクシが青雲の志を持って田舎から上京した若かりし頃、大学の
ドイツ語のクラスには全く女子学生はその気配すらありませんでした。
(フランス語のクラスの状況は少し違っていた記憶です。)

それに当時語学を教えていた教授陣はほとんど、少なくともドイツ語
英語の授業は男性ばかりであったと記憶しています。

これはどういうことなのか、時代の変遷によるのもなのか、社会通念から
くる分野別における性差別なのか、あるいは男女には語学の適性能力に関
して違いがあるのか?と。

まだまだ報告したいことは山ほどあるのですが、長くなり過ぎますので・・・。

ですが、みなさまはどのように考えられるでしょうか?

【中上級グループ用資料】
で、中上級用グループの今月のトピックは以下の記事を選びました。
必ず前もってご一覧のほどを、そして予習をよろしくお願いします。

≪Sexismus in der Werbung≫・・・(広告に見る性差別)
http://www.dw.com/de/sexismus-in-der-werbung/l-42694604

どこかのフォーラムが発表した「世界男女平等ランキング」で、日本は144ヵ国
中114位の汚名(?)を拝しました。

男女の有り様は、それぞれの国の歴史や文化に育まれ醸成された考え方が背景に
あり、時代と共に変化をしながら出来上がって来たのではないでしょうか。

この短い記事でドイツ人がどのように男女平等について考えているのかを探り、
では私たち日本人はどうなのか、現状は、これからは、などについて、
大変偉そうですが、熱いDiskussionができればと考えます。
みなさま、ご準備のほどよろしくお願いします。  

2月13日学習会例会

  • 投稿者:ドイツ語会話クラブ事務局 (2018-02-01 (木) 12:54:26)

如月の 光まぶしき 寒さかな

年が明けて、瞬く間にひと月が過ぎてしまいました。
ドイツ語会話熱烈学習の同士のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ワタクシは、ついにインフルエンザ(B型)に罹ってしまいました。
当初はただの喉風邪くらいにしか思わず、医者にも行かずに体が少しだるいなと
思いつつも出勤し、職場で「ゲホッ」とか「ゴホッゲホッ」とか咳きをしながら
たぶん菌をそこらじゅうに撒き散らしてしまっていたと思います。

職場のみなさんにはこの場をお借りして謝らせて頂きます。
なにしろわが家の軍曹、多少のことでは仕事を休むなど決して許してくれない
チョー厳しいお方です。

二等兵、「チョッと頭がボワ〜ンとして、ひょっとしたらチョッと熱があるかも。」
軍曹、「アンタは、いつもボワ〜ンとしているのよ。」
二等兵、「ゲホッ、ほら、こんな咳きがね。」
軍曹、「ナニ言ってんの、それくらいでいいオヤジがグダグダと、アンタはね、
    いっつも大袈裟なの!」

と軍曹に励まされ、弁当をリュックに詰め毎日出勤していたのですから。

すでに昨年末、県は「インフルエンザ注意報」を発令(12月27日)していましたが、
灯台下暗し、忙しくなる年度末を迎えて事務所ではこれから患者が激増するのでは
と密かに憂えております。

みなさま、くれぐれもお気を付けくださいまし、そしてなんと言われようと決して
無理をしてはいけませんよ!

如月の 光まばゆし 梅一輪

猛威を奮っているのはインフルエンザだけではありません、数十年ぶりと云われて
いる「寒波」が日本列島を襲っています。現に今日の夕方から船橋にも今年二度目
の雪が降ってくるとの天気予報です。

確かに寒いです。しかし、ここ船橋は、北の国の方には本当に申し訳ないのですが、
基本、昨年暮れからあきれるほどの晴天がほぼ連日続いていると言えます。
そして、この寒さの中に少しずつ春の装いも感じられます。

正月は アッと言う間の うつつかな

正月休みからひと月が経ち、日々の営みにも次第に慣れっこになり、
今年こそはとの新年の意気込みは早やくもどこへやらの気配がありはしないか、
と思っているのはワタクシひとりだけでしょうか。

今年の干支は戌でしたね、ドイツでも占星術による年占いが流行っているようで、
その占いによると今年は「das Zeichen der Venus」の年だそうです。
そこで、2月の学習会は下記の記事を選んでみました。

【中上級グループ用資料】
≪Was die Sterne 2018 sagen?≫…「星占いによると2018年は?」
下記サイトで予習を必ずお願いします。
http://www.dw.com/de/was-die-sterne-2018-sagen/l-42095424

記事によると2018年は「das Jahr der Venus」になるそうです。
そんな年の年頭にあたりドイツ人はどんな誓いを立てるのかなどを参考に、
この機会にもう一度今年にかけた私たちの新年の決断を、自分を叱咤激励
する意味からも、思い出してみるというのはいかがでしょうか。

エッ、ナッ、ナンですっ?!
「な〜んもかけてないから。」
デスか?ハイハイ。
みなさま、よろしくお願いします。

梅が香に 追ひもどさるる 寒さかな (松尾芭蕉)

付録です、お口直しにどうぞ。
・・・事務局はいまだインフルB型で燻っております。「ゲホッ、ゴホッ、」

0712

1月9日学習会例会

  • 投稿者:ドイツ語会話クラブ事務局 (2018-01-01 (月) 10:30:55)

Ein glückliches neues Jahr!
あらたまの 戌笑う年 願うかな

平成三十年が明けました。
ドイツ語会話熱烈学習の同士のみなさま、
明けましておめでとうございます。
本年がみなさまにとって良い年でありますことを
心からお祈り申し上げます。

年越しは歳の輪重ね皺増やす
思い重ねて根雪となりしか

昨年も色々なことが起こりました。
世界情勢、社会情勢、見渡せばあまりに多くの事件があり過ぎて
私たちの生活はいったいどうなって行くのか不安感を募らせるばかり
の展開であったように感じられます。

それだからこそ、今ある、あるいはこれまであった日常の安定に、それが
ささやかであれできるだけ変化が起きないようにと思い願うことは、私の
ような市井の人間にとってごく自然な心の発露ではないでしょうか。

それが昨年のわが国の総選挙の結果やトランプ大統領の出現やヨーロッパ
各地で起きている右傾化、保守化、自国第一の流れなどの現象になっている
のではないのかなと思ったりします。

この点、どちらかと言うとワタクシの嫌いな部類の人物ですが、週刊文春
新春号の対談記事に載っているビートたけしの現代社会についての発言、
特に貧富の格差拡大とSNSなど通信手段の活用については考えさせられ
ました。

今年は戌年、相場格言では「戌笑う」と言われているそうです。
戌年は犬が笑うほどの実りある年になる(実際にそんな年が多かったから)との
意味だそうですが、さて、本年はどのような展開が待ち受けているのでしょうか。

【中上級用グループ用資料】
1月9日の2018年第1回目の学習会(中上級グループ)のトピックは下記の
記事を選びました。
【Milliarden Euro Verlust durch Steueroasen】
(タックスヘブンを利用した巨額の脱税は許されるのか)

下記サイトをご一覧願います。
http://www.dw.com/de/milliarden-euro-verlust-durch-steueroasen/l-41315176

パラダイス文書によって公になった「タックスヘブン」と称する脱税幇助の特殊
な国々の存在、そして未だにその詳細(仕組み)が明らかになっておりません。
それは何故なのでしょうか?
この問題はドイツに限らず、わが国でも大きく取り上げられなければならないの
ではないでしょうか?

みなさま、本年もよろしくお願い申し上げます。
(なお、昨年の受験結果は無事合格しましたことをご報告申し上げます。)

花咲けど 見上げる山は 雲の峰

12月12日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-12-04 (月) 19:44:56)

師走空 寒月満ちて 足軽し

昨日、「やれやれ、やっと重い鎖から解き放たれたっ」て気分になれました。
 
早速断酒を解き、まずは駆けつけ三杯ググッと五臓六腑に染み渡る酒心地を
焼き鳥屋でひとり味わって帰って来たわけです。

実は、本年の一つの課題でありました試験が終わり山を越えたかとホッとひと
安堵したわけです。(勿論、結果は全く別にして気分的にそう思うのです!)

大袈裟でなく、この試験のために家庭も付き合いも一切顧みず、勤務日は
仕事を終えてから、休みの日は朝から晩まで、今日は千葉の、明日は船橋
のと図書館通い、とにかくポンコツ頭にこれでもかとムチ打ちながらこの
一か月奮闘したのですから。(ムチ打ち症になったかも!)

まあ、この結果はどうであれ、短期間ではありましたがやるだけはやった
との気持ちです。「お疲れさん」と自分に言ってあげましょうね。
そしてもう一杯と!
(誰かが「アータッ!」と叫んでいるようですが、気にしないでおきます。)

師走空 覆う雲間の 寒陽射し

で、今年もあと1カ月を切ってしまいました、またまたやれやれですねかね。
ドイツ語熱烈学習同好のみなさま、風邪などひかれずお元気で頑張っておられる
ことと思われます。

次週は本年最後のドイツ語会話学習会ですが、以上のような事情から学習会の
準備がきちんとできておりません、どうしますかね?
何かいいお考えがあれば是非事務局までご一報願います。

事務局としては、下記の二案を提案させて頂きますが、如何?

1)年末ですので、各自が本年を振り返り自薦他薦のニュース、話題などを
  持ち込み、皆でそのニュースについて各15~20分程度に時間を決めて
  ディスカッションする。

2)あるいは、下記に添付の「老いとは」についての下記記事をテキストにして、
  ディスカッションする。
【Alt und jung】
http://www.dw.com/de/alt-und-jung/a-41271441?maca=de-   DKnewsletter_daf_de-2116-html-newsletter

*Hier Frage;
 Es gibt zwar keine genaue Definition für „hohes Alter“.
 Wie denkt ihr von welchem Lebensjahr Personen als „alte Menshen“

 angesehen werden? Und warum?

いずれトピックにもご対応頂けますよう、ご用意してご参加お願いします。
よろしく!

11月14日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-10-31 (火) 23:37:14)

週末は またも雨々 秋深し

紅葉にはまだ少し早い鬼怒川温泉郷を尋ねて来ました。
特に何かうまいというものがあるわけではないのですが、雨に煙る鬼怒川や
少し色づいた周りの山々を眺め、湯煙の立つ温泉に我が身を浸していますと、
「いい湯だぁ~、やはり日本はいいなぁ~!」と、しみじみ体で秋を味わって
いるような気がしました。

「アンタのね、身体もアキなのね?」と誰かに言われたような。
「そうね~・・・。」と、しんみり。

ゆらゆらと 煙る鬼怒川 暮れの秋

さて、選挙も台風とともに過ぎ去りしですが、11月はトランプ大統領の来襲、
いや来日が予定されています。新型のこの人的台風は、わが国に対し強く出張
って弱まることのない緊張前線になんらかの影響を及ぼすことになるのでしょ
うか? 
わが国の自衛隊も、我々平和ボケの民もいよいよの覚悟はあるのでしょうか?
なにしろ今回の選挙は「国難突破」を謳い、支持者を鼓舞(威嚇?)し続けた
安倍首相の大勝利に終わったわけですから。

側溝に 枯葉糞積み 秋台風

【11月学習会中上級グループ用資料】
≪Kinderarmut – einmal arm, immer arm≫(子供の貧困化問題)
http://www.dw.com/de/kinderarmut-einmal-arm-immer-arm/l-41125594

与野党挙げての政策に「保育・教育の無償化」がありましたが、ますます拡大し、
顕著になって行く社会の格差、そのことによって引き起こされる「子供の貧困問題」、そしてこれは日本だけの問題ではなく世界的な社会的現象でもあるようです。

「食料無駄捨て大国」などと自虐的レッテルを貼るほど物に溢れているわが国では
ありますが、一方では「こころの時代」を啓蒙するNHK番組などに見られるように
精神の貧困化も、日々報道される事件を聞いていると次第にあからさまになって
いるような気がするのはワタクシだけでしょうか。

大変偉そうではありますが、今回も社会問題をトピックに選びました。

何をどうしたらいいのかを議論するだけではなく、このようなトピックをネタに
して自分の意見や考えをドイツ語でどのように表現できるのかを学習できればと
考えます。
上記資料を是非ご参考にされて、話題を展開して下さるようお願いします。

【付録】
11月12日(日曜日)坂東市(茨城県)では「将門まつり」が開催されます。
万世一系の天皇家が2600年に渡り統治するとされる日本歴史の上で、天皇
家(貴族政治)に反旗を翻した(と言われている)数少ない歴史上の人物、
平家源流の祖、そして将門の首塚などで知られる「平将門」を祭る同市
最大のお祭りだそうです。(下記ご参照)
 http://bandokanko.jp/modules/bulletin/index.php?storytopic=3

日本史にご興味ある方、一緒に見学に行きませんか。
(船橋から電車、バスで約1時間)ご一報下さい。

なお、参考図書で「武藝人 平将門ー将門合戦の真相」(坂東興太郎著・・
ワタクシの友人)があります。

10月10日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-10-02 (月) 10:05:12)

夕暮れは 風サラサラと 汗も止む 半月ほろろ 虫チロチロロ 

失礼申し上げます。
比較的過ごしやすかった今年の夏も終わり、順当にさわやかな秋風の吹く
季節となりました。(バンザーイ!)

雨が上がりカラッとした空気に包まれた空を見上げると、なんだか訳もなく
やる気が湧き上がってくる気がしてまいります。(ヨーッシ!)

「いつまでもそうやって若ぶっていなさいっ。」と誰かに言われたような。

そんな時は、「他人のことは放っておいてくれ!」
と言い返してやりたいのですが、そこはワタクシ、大人の対応、グッと堪えて
苦笑いです。

芒吹く 風に羽おく アキアカネ

秋、本当に素晴らしい季節です。スポーツに、読書に、勉学に、何かにひとり
で夢中になって取り込んでいるイメージが、絵姿がこの季節にはとても似合って
いる気がします。

「そんな気がするのはアンタだけよ。」とまた誰かが言っているような。

ナントでもお好きにどうぞと、「でもね、そんなひとりよがりの思い込みも、
ある種、内なるエンジンの始動に繋がって行くのですから。」
とはっきり言ってやりたいです。しかし、ここも大人の対応です。

またグダグダとえらそうなことを言っているのですが、・・・。
実は、全く個人的なことを申し上げて恐縮なのですが、ワタクシのこのところの
気分は、夏にトライしたあるドイツ語の試験の結果待ち状態とでも言いましょうか、
そのためか、どうもどこか落ち着かないでいるのです。

このドイツ語会話クラブを通して、何と言いましょうか、まあ自分なりに
頑張ったこの2年間の集大成?あるいは出稽古?とでも申し上げましょうか、
とにかく山にぶつかってみました。で、どうであったのかと。

山登り 行けば身に染む 高さかな

そう、試験の結果はどうあれ、今は秋です、グダグダ引き摺らずにドイツ語学習
の原点に立ち戻らなければと、自分の内的エンジンにそろそろまた火をつけなけ
ればと思うわけです。

そんなわけで、ドイツ語熱烈学習の同士のみなさま!
みなさまはこの季節、どんな内的エンジンを燃やされるのでしょうか?

ナニッ!?ひとが折角真面目な気分になっているのに、えっ、ナンですって!
どこかの国会議員同様、‘あっち’の方面のエンジンが燃てて忙しいですって!

まあ、秋ですもんね。
技術進歩いくら語られても、‘あっち’の方面のエンジンは神代の昔から全く
変わることがないのですからね。
ホントうらやましいとしか言えません。

夕月夜 心もしのみ 白露の 置くこの庭に こおろぎ鳴くも(万葉集)

【10月の中上級グループ用学習会資料】
さて、気を取り直して以下に10月の学習会(中上級グループ用)のトピックを
ご案内申し上げます。

トピックは、
≪Schwere Entscheidung für Erstwähler≫(初めての選挙)を選びました。
http://www.dw.com/de/schwere-entscheidung-für-erstwähler/l-40503965

ドイツの総選挙が9月24日に終わり、結果はメルケル首相率いるCDU・CSU
与党が、大幅に議席数を減らしはしましたが、予想通り勝利を収めました。
そして突然、そのドイツに続け、とばかりに我が国の安倍首相が、憲法違反
だとか大儀がないとか、なぜこの時期にとか言われながらも、強引になし崩し
的「解散宣言」をし、結果、10月22日に日本も総選挙ということになりました。

そこで10月の学習会のDiskussionの焦点を、一見大混乱中の様相のこの総選挙
でどの党を、誰を選ぶということは一切取上げない(全く関係なし)で、
平成27年の改正公職選挙法により国政選挙(衆議院議員選挙)に初めて
参加する18歳以上20歳未満の若者たちに当てています。

新たにこの世代が選挙に加わることがどういう意味を持つのか?
このことがわが国の政治にどのような変化をもたらしてくれるのか、どうか?
などなどを多面的にdiskutierenして見てはとの考えです。

ドイツはすでに選挙権を1970年に18歳以上に引き下げている先進国であり先輩国
であります。そのドイツの事情を参考に(上記の記事ご参照!)しながら、議論
してみて頂ければとの思いです。
(因みに、ゲストのWolfgangの出身国のオーストリアは16歳からだとか!)
みなさま、よろしくお願いします。

秋始考 ~初級グループ用資料について~

  • 投稿者:Thomas (2017-09-10 (日) 08:06:40)

昼も鳴く 夜も鳴く虫 外来種

「キーン、キーン、」あるいは、「ギャーン、ギャーン、」か。
ショックです。ついに猫の額ほどのわが家の庭にあの虫が侵入!
(あの虫:名前は知らず)

NHKに国谷キャスターありし頃の特集で「都会の街路樹で鳴く虫、強烈な金切り
声を出して集団で鳴く虫の正体」は、例によって中国からの外来種であると報道
されていました。

「ナンですって、アータ! 不便なこの船橋の奥地が、船橋のチベットとまで
揶揄されているこんな所が都会ですって!?」とわが家の軍曹どの。
「いや、そういう意味ではなくって、外国の虫がね、うちにもついに侵入して
来ちゃったって言っているだけなの」と二等兵。

NHKが特集を組んだのはもう何年も前のことだったのですが、庭に鳴く虫の声で、
“とうとう、ついにか”と思ったわけです。

ひと心地 庭のコオロギ 唄う歌

あの虫たちに比べると、わが国在来の虫たちは実に遠慮がちに草むらでチンチロ
チロチロと鳴き出し、暑い夏が過ぎ去りつつあることを静かに知らせ、そこはか
とない秋の風情を醸し出してくれるのです。

しかし、この外来種の虫にいたってはとんでもありません。遠慮の欠片もない
鳴き方、風情もへったくれもあったものではありません。他人の庭に無断で侵入
して来るや遠慮会釈なしに金属音を発して大声でわめき散らすさまです。
このあからさまな不躾さ、日本の秋の風情には全くそぐわないと言えましょう。

秋風情 和漢折衷 知らぬ間に

セカゴケグモに最近ではヒアリ、外来の虫どもが次々と日本来襲、・・・。
「出てけ~!出て行ってくれ~っ!」と怒鳴りたくなるのはワタクシひとり
だけでしょうか。

うちの軍曹、「うるさいっ!さっきから何をブーブー、ブーブー!」
二等兵、「だっ、だから、庭の虫ね、さっきからうるさいって、思うでしょ?」
軍曹、「アンタのね、詩吟の方がうるさいわっ!」
二等兵、「・・・・」
(注:詩吟神風流岳風会船橋支部)

在来種 草葉に声の 形も無し

失礼申し上げております。

【初級グループ用資料】
さて、来週の学習会について追加のご連絡をさせて頂きます。

初級グループ用の資料は前回使用したものと同じものになりますので、
前回参加された方はご持参下さい。初めて参加される方は「8月8日学習会例会」
の当欄の最後に掲載されている資料をご参考にして予習をお願いします。
なお、会の方で当日用の資料として数部資料を用意いたします。

「センバツカラオケ大会」の部分的報告

  • 投稿者:「カラオケ大会実行委員会」 (2017-09-03 (日) 00:31:24)

台風の 音無く消える 空青し

ドイツ語会話クラブの第1回カラオケ大会、無事終わりました。
ご参加のみなさま、ハイレベルな歌声ありがとうございました。
また、お疲れさまでした。

さすがに“自主”とは謳われましたが、「センバツ」が冠されただけ
あって、それぞれの歌声、唄う歌、胸に来るものがありましたよ。

「チョーカンゲキーッ!」でした。

某T氏、「今日はチョと喉を痛めて本調子じゃないんですよ。」とか
言いながらも大絶唱、日頃の学習会では決して見られない見事な歌
いっぷり、お人柄そのままのやさしい、穏やかな歌声でしたね!

某K氏、「ぼくぁ、マイクですね、本当は要らないんですよ。」と
唄い終わった顔が確かに言っていたような。
日頃歌舞伎で鍛錬されたとか言われる声が朗々と部屋一杯に響き
渡りましたね!

参加されたメンバーの数は、大会が“センバツ”であっただけにか
センバツされ過ぎてやや寂しい人数ではありましたが、その分大い
に盛り上がり、アッと言う間に2時間が過ぎてしまいました。

「チョッと歌い足りないよ~。」と思われているかも。

楽しい時間をありがとうございました!

本日は第1回目でしたが、参加者一同、「是非、またやりましょう!」
「やろう!」「やろうっ!」ということになりましたので、時期を見て
またみなさまにご案内をさせて頂きます。

今回は都合でご参加叶わなかった、みなさま!次回は是非、奮っての
ご参加お願いします。次回は「センバツ」の冠を外す予定です。

思いきり 声出し唄う 歌楽し

以上、

9月12日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-09-01 (金) 23:41:57)

電車待つ 駅のホームに 虫の声

ドイツ語熱烈学習の同士のみなさま、この夏いかが過ごされたでしょうか?
遅ればせながら残暑お見舞い申し上げます。

朝のホーム、電車を待っているだけでジワーッと汗が体から滲み出て来ます。
わが家から駅まで、早足でも15分はかかってしまいますからね。
昨日今日は涼しいのですがまだまだ残暑が残り、暑さに苦しむのでしょうか。

私事ではございますが、日本の夏、特に都市部の夏、大、だ~い嫌いです。
心の声、「そう、ワタクシ、根っからの田舎もんですから。」

待ってます 葉擦れかそけき 秋の風
月末になり大型台風15号が発生、日本列島をかすめるように太平洋上を
北上中とか、ハーディに襲われたアメリカは気の毒ですが、この台風、
このまま通り過ぎて行ってほしいものです。 
そして台風一過となり、秋風が吹き始めてくれるのでしょうか。

台風が 日めくりめくる 月代わり
さて、9月入りです。9月はドイツで総選挙が24日に行われます。
昨年のサプライズであったイギリスのEU離脱とアメリカの大統領選挙の対と
して西側文明諸国をひとり牽引しているメルケル首相、その真骨頂が、
いよいよ問われることとなります。
例によって識者、マスコミはこぞってメルケル首相の安定政権持続を予測し
ておりますが、昨年の二の舞、まさかの大波乱はあるのでしょうか。

“××××の頭を叩いて見れば〇〇〇〇の音がする”
今回の学習会のトピックに、西洋文明が今日にもたらしたもの「異論のススメ」
“現代文明の没落/貨幣で思考 衰える文化”(朝日新聞9月1日付)を取り上
げて議論をしたいと考えましたが、残念ながらワタクシのドイツ語の力が遠く
及ばず、パスさせていただきます。しかし、とても考えさせられるコラムです。

その代わりに、と言ってもなんなんですが、・・・。

“人生、楽あれば!?”
この夏、梅雨入り前は夏日、真夏日が連日続き、炎暑、酷暑を予感させられ、
震えあがっていたのですが、意外や八月は半ば過ぎまで猛暑日や熱帯夜が
ほとんどなく喜んでおりました。
しかし、喜びの裏には、必ずその反対があるのですよね、人生って!

某氏、「チョ、チョッと、急にどう言うこと?」

この夏、日差しが少なかったからだとかでスーパーの野菜の値段が急騰しました。
「フム、フム。」

普段からスーパーでは安売りの物しか買わないようにしているわが家のしっかり
ものの軍曹どの、「ギャッー、ナニッこれっ!」と、急騰した野菜にはいっさい
手を触れず、従って高額野菜類は料理には使わないとの素早い対抗措置、で結果、
もやし料理が多くなり、夕食は寂しい景色に。

軍曹どの、「いいのよ、うちは若者いないし! 大体アンタは食べ過ぎなのっ!」
と。
二等兵、「悲し~ぃ!」

これも人生。

というわけで、【9月学習会資料】

【中上級グループ用】
Gemüse aus der Stadt(DW)
http://www.dw.com/de/gem%C3%BCse-aus-der-stadt/a-40190099?maca=de-DKnewsletter_daf_de-2116-html-newsletter

中上級グループの資料は「新都市型農業」をテーマにした上記の記事を
ピックアップいたしました。

日本の食料自給率38%(2017年農水省出)、この状況に対する施策は、
全国の休耕田畑や都市近郊の農閑地の利用策は、一方では、懲りもせず
またもや不動産バブルに走っているありさまの島国でかつ山国の日本の
農業の将来は?などなど。

今回のトピックからみなさまの関心事、懸念されることなど、議論の輪を
広げて頂ければと思っております。
みなさま、よろしくお願いします。

【初級グループ用資料】
初級グループご参加のみなさま、今回は、Ken講師の都合が今のところ未定です
従って、テキスト、資料も今のところ決まっておりません。Ken講師の都合が
よくなれば、従来通りのテキストや資料の活用になります。
ご了解のほどよろしくお願いします。

やりますよ!「センバツカラオケ大会」

  • 投稿者:「カラオケ大会実行委員会 (2017-08-27 (日) 11:02:11)

黒雲の 墨絵流しか 消えにけり

この夏は各地が局地的大雨の被害に遭っているというのに、船橋のこの地域は
黒い雲がただ流れては消えいくだけで、雨はパラパラそれでお終いのあり様です。

それ故か、茹だるような暑い陽射しに、蝉の声と夏休みを楽しむ向かいの子らの
水遊びの声が加わると、体感温度は幾倍にも跳ね上がり、ひとり家の中で「ハアー
ハア―、ゼ~ゼ~。」「もっ、もう何とかして~くれぇ!」と、この地からすぐにも
逃げだしたい気分に。

とは言え、今年の八月もあと少し、夜になればやれやれと、なんとか無事に終わっ
てくれそうかと。感謝です、アーメン、合掌!

で、何の関係もありませんが、今年も夏の高校野球が終わりました。

【第一回自主センバツカラオケ大会】~大声で ガンガン歌おう 暑気払い~

ご案内の通り、土曜日(9月2日)は予定通りドイツ語会話クラブの課外活動
として第一回「カラオケ大会」を開催致します。

ご連絡頂いているみなさま、また、ご検討されているみなさまはまだ席に余裕が
ありますので31日までにご連絡を頂き、定刻時間5分前には会場へのご参集のほど
よろしくお願い致します。

なお、会場の「歌広場カラオケパーティー館」はドンキホーテが入居するビルの
6階ですので同名の京成駅前店とお間違えの無いようにお越し下さい。
(地図⇒ https://r.gnavi.co.jp/51kgh0k00000/map/

上手い下手 大声だみ声 はずれ歌 アンタはアンタ アタシはアタシ

【カラオケのあとはドイツ語会話練習!?】
今回の課外活動は午後1時から3時までの2時間を予定しておりますが、
スッキリ「カラオケ大会」で声出しをした後は、喫茶店(居酒屋?)で
ドイツ語会話の練習にも取組んでみようと考えています。

ナッ、ナンですの!?
某姉、「飲みながらの方が、アタシ、口が回って良いわっ!」
デスか? 「サンセーぇ!」

それでは参加者のみなさま、それぞれの“持ち込み歌(最低3曲)”で
大いに楽しみましょう!
参加者の影の声、「ワーイ! 楽しみぃ~! 楽しみだ~っ!」

ヨロシク!

9/2「センバツカラオケ大会」のご案内

  • 投稿者:AKIKO&Thomas (2017-08-14 (月) 10:16:22)

船橋マルチリンガルドイツ語会話クラブ
会員各位

こんにちわ、
日頃はドイツ語会話クラブ活動にご協力頂きありがとうございます。
この度、かねてより計画しておりました、月一回のドイツ語学習会の
課外活動として、「カラオケ大会」を企画致しましたのでご案内申し
あげます。

その趣旨は、ドイツ語学習会以外での集まりを通し会員相互の交流
を少しでも深めることで、学習会の雰囲気をより和やかでより気さく
なものにしたいとの思いです。

******************************
【センバツカラオケ大会の開催要項】
開催日:9月2日(土曜日)
開催時間:午後1時00分~午後3時00分
開催場所:船橋歌広場パーティー館
参加費用:約1000円(予定)

参加資格:
*以下の条件で、自主センバツが出来る方。
*大会に参加してみんなと楽しむことが出来る方。
*アルコールドリンクを飲む場合は、別途料金を支払うことができる方。
*一人3曲は必ず歌うことが出来る方。
         (歌曲は、ドイツ語、英語他、何語でもOK!)
********************************

ドイツ人ゲストたちには別途案内状をお送りしてあります。

なお、この企画はあくまで「自由自主」の参加をモットーとしております。
決して無理矢理ではないことを、くれぐれもお間違え無きよう重ねて申し
添えさせて頂きます。

クラブ世話役
Akiko&Thomas

画像の説明

8月8日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-07-30 (日) 15:03:30)

思い出の 遙かな尾瀬は またも雨

十数年ぶりに尾瀬に行って来ました、ヤッホー!

水上高原からバスに揺らり揺られて小一時間、山間のくねくね道を登るにつれ
隣に座る連れ合いの気分が急降下、遂にはビニール袋を取り出し「ゲッホー!」、
ワタクシは固く閉まったバスの窓を必死にこじ開けるやら、前後の席の乗客に
お詫びを入れるやらで、・・・。

鳩待ち峠に到着するやいなや脱兎のごとく連れ合いはバスを飛び出して行きました。
その連合いを横目に見てバスの運転手、
「お客さん、笑っちゃっていけないんだけど、出発前はあんなにルンルンだったのにね、様変わりだね、アハハッ!」と、どこかしたり顔。

標高約1600mの尾瀬の入り口の鳩待ち峠は小雨に霧。
初めて尾瀬を訪ねた時も、季節は違っていましたが、やはり雨。
よほど日頃の行いが悪いのか、・・・。

スミマセン、
美しい(筈の!)尾瀬の小旅行の報告がかくもお聞き苦しいみやげ話となって
しまい申し訳ございません。

影の声、「いつもことでしょうよっ!」と。

それにしても峠と言わず、山の鼻と言わず天気が悪いにもかかわらず人が一杯、
尾瀬の自然がこれだけ人を集めるのかと、あらためて感心した次第です。

某姉、「どれくらい人が来ていたの?」
某氏、「だから、オーゼー、オォゼェーって言ってるでしょう。」

尾瀬遙か 濡れる木道 傘の花

と言うことでして、7月は二泊三日、尾瀬と水上温泉で少しくつろいで来ました。
気分を変えてこれからの猛暑、酷暑を乗り切ろうとの魂胆です。

さて、ドイツ語熱烈学習の同士のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

日常に戻れば、世間は話題に欠くことを知らず、相変わらず忙しなく落ち着く
様子の欠片もないと言えましょう。

そこで、8月の暑い最中ではありますが今回のトピック、コーヒー愛飲家にとって
朗報になるかもしれない記事を選びました。会でのコーヒーのトピックは、これで
2度目となります。ドイツ人ってコーヒーとても好きなんだっ!

このニュース、日本では今のところあまり取り上げられていないようですが、
何故か? ドイツのメディアでは大きく取り上げられています。
みなさま、そのあたりも議論して頂ければと思います、よろしくお願いします。

【中上級グループ用資料】
《Kaffeetrinker leben länger》
http://www.dw.com/de/kaffeetrinker-leben-l%C3%A4nger/a-39629719

ググって見て下さい、この記事から何をdiskutierenするのか、
予習も必ずお願いします。よろしく!

【初級グループ用資料】

7月11日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-07-01 (土) 19:08:47)

久々に ゆったりぐったり 梅雨の雨

今日は土曜日(7月1日)、朝からそぼ降る雨でテニスがお流れとなり、
柄にもなく久々に朝から机に向かってドイツ語に取り組みました。

ドイツ語学習に拍車が掛ってきたような、いや気持ちだけがただ焦って
ばかりいるような、あくせくと落ち着かない日々を送っているだけかも。

独文和訳練習では、相変わらず冠詞・形容詞の変化(e.Deklination)や単語
のスペリング(e.Buchstabierung)の間違いに都度ガックリしています。
和文独訳訳練習では、長い独文の構文組成を判読するのにイライラ、辞書にも載って
いない単語に出くわすとどう訳していいのか、ムムッ、ムカムカです。

このような状態をたとえて言うなら、多分、階段を這い上がろうとして落ちこぼれ
てしまわないように必死にしがみついている、あるいは寄る年波に(言いたくないが)
流されないようにただただ地べたに這いつくばっているだけの状況と、アアッと、嘆息。

願わくは、ほんの少しでも前に進んでいることを祈るのみ、アーメン!合掌!

試験日が近くなり、ついワタクシの個人的な日常を書き殴ってしまいました。
受験生にご容赦!

さて、ドイツ語熱烈学習の同士のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?

いよいよ始まる日本の暑い暑い夏を更にドイツ語学習で頭をカッカッと燃やして、
一緒に乗り切って参りましょう。

ナンデスノ!?
「カッカッするのはアンタだけにしておきなさい!」
デスかね。ハイハイ。

夕暮れは 梅雨空晴れる 空茜

さて7月学習会のテキストをご案内致します。

【中上級グループ用資料】
≪Attraktion Penguine≫
http://www.dw.com/de/attraktion-pinguine/l-39367996

明日は東京都議選の投票日でありますが、その結果に一切関わらず記事は
ドイツの動物園のペンギン事情についてを選びました。
動物愛護の精神が大事か、“ナンとかファースト”と思う心が大切なのか、
いえ、それは関係ありません!?

誰をあるいは何を一体ファーストにするべきなのか、できるのか?
動物をいたわる気持ちって何なのか、どのように思われますか?
熱いDiskussionをお願いします。

≪蛇足≫
“千里の道も一歩から”
Der Weg von tausend Meilen beginnt auch mit dem ersten Schritt.
(これ通ずるでしょうか? 次回の懇親会でWolfgang に試して見ようっと。)

地に足をつけてドイツ語学習に取り組まなければと、
我が身に言い聞かせております、ハイ。

6月13日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-06-03 (土) 13:06:22)

真夏日が 当たりまえだの 梅雨日前

スミマセ〜ン、チョッピリ古かったかもしれません。
えーっ、ナニ、何ですかっ?
「チョッピリどころじゃないよ! チョー古っだって言ってんの!」

そうでしたか、もう若い方は誰もご存知ないでしょうね。
その昔、「てなもんや三度笠」というお笑いのテレビ番組での口上、キメ台詞。

今や日本中を席巻しているらしい吉本興業が、(誤解を恐れず言っておきますが、
ワタクシ、吉本興業、まったく趣味じゃありません。)まだ関西地方限定で大人しく
ドタバタ喜劇に勤しんでいた頃の景色が、なにやらなつかしく思い出されます。

それはもうウン十年前のほんのかすかな、毛筋一本、薄紙一枚ほどの記憶、
いえ、もう記憶とも言えないほどの幻想の彼方のことかも、・・・。

そんな遠い遠い、ワタクシがまだ少年の頃の記憶、
あの頃の五月は、青葉若葉の清々しい緑のそよ風であったように思い出します。

ところがどうですこの頃は、歌じゃあるまいし、夏日だ、夏日だ、真夏日だと
連日天気予報で熱中症予防が言われている始末。まだ梅雨入り前だっていうのに!

梅雨過ぎて 卯の花唄えば 夏は来ぬ

♪卯の花の匂う垣根に〜と、歌っていたあの頃、ギラギラと太陽が照り、蝉が鳴き
始め、夏日入り、水泳解禁、夏休みへと季節は移って行ったような記憶です。

それでもあの頃の夏は、今ほど暑くはなかったような気がするのですが?
いや、その記憶もすでに希望的幻想の世界ではないのかと、・・・。

思い出は 遠く遙かな 夏の雲

ああっ、今年の夏が思いやられます。

日本の夏はすでに熱帯化している、ワタクシ、彼の地を訪れたことは一度もあり
ませんが、ゼッタイにその方向で気候は動いてのではないかと疑っているのです。
この国の少子高齢化の一因であるとも思っているのです。

ところで、ドイツ語で温帯、熱帯、亜熱帯、寒帯ってどう言うのでしょうか?
ドイツ人と長くお付き合いしていますが、こう言うドイツ語を彼らから聞いた
ことがないのですが? 話題になりにくいのか? いや、私がこのようなこと
を彼らに話しかけたことがないからなのか?

ドイツから遙か日本にやって来て日本に滞在している彼らは、
日本の天気や気候をどのように思い、感じて過ごしているのでしょうか?

日本には独特の天気予報用語、夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜などがありますが、
彼らは気がついているのでしょうか?ドイツにも似たような用語があるのでしょうか?

寝入り端 五月雨聞かず 蚊の羽音

さて、余談が長くなりましたが、
6月の学習会は、先ごろアメリカ大統領のトランプ氏に離脱宣言された「パリ協定」
に関する記事を取り上げました。記事(資料②)は少し古いですが、今日的問題
提起の発端となったものです。

学習会では、天気、天候についてドイツ語でどのように表現し説明するのか、
そして地球温暖化問題、季節や気候の今日的変化について議論を展開しましょう。

みなさま、よろしくお願いします。

【初級グループ用資料】

【中上級グループ用資料】
http://www.dw.com/de/02062017-langsam-gesprochene-  nachrichten/a-39090184 
http://www.dw.com/de/endlich-ein-klimaabkommen/a-18917269

5月9日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-05-01 (月) 11:08:51)

竹林に 春の恵を 求め汗

桜はアッと言う間に終わってしまいましたが、春はいよいよ佳境。
暑くもなく寒くもなく目にも耳にも心地よく、外に出ると季節の息吹が五臓六腑
に染み入ってきます。

ドイツ語会話熱烈学習の同士のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。
 
4月の船橋マルチリンガルはアウトドア派の会長Freddieの骨折りで、2日の“花見大会”
に続き29日は“筍狩り”が企画され、ワタクシ、参加して参りました。

当日は、参加者7人とやや少なかったのですが、前日の夜の一降りの雨のお蔭で
新緑が目に痛いほど眩しく輝いて、アウトドア活動にとっては絶好の日和でした。

筍狩り01

定刻より少し遅れましたが、全員集合でFreddieからの説明を受け、早速竹林の中へ。

青笹の 風吹き抜ける さやさやと

参加者のほとんどの人が生まれて初めての筍掘りと言うことでしたが、
竹林の中ではあちらこちらに頭を出しているタケノコを見つけるや、
用意された鍬やスコップを振りかざしての大奮闘。

K男子、「ボク、今朝は途中下車して、40分走ってここへ来ました!」
皆、「ウヒャーァ!若っかいなぁ!さすがぁ!」
T夫人、「アータ、この自己主張してる筍、コレッいいんじゃない!」
F男子、「ドイツ人て筍食べるんすかね?」
J女史「アタシ、筍掘りってこんなに大変だなんて知らなかったわ、けどチョー面白い!」
K男子「アメリカ人ってどうなんすか?」
H男子、「クヤシーって英語でなんて言うのか知ってる?」
T男子、「ハーハー、ゼーゼー、こっ、腰に来たっ!歳だなぁ!」
T男子「休みながらね、やった方がいいすよっ!ネッネッ!」
H男子、「スゲーッ、いいの掘ったじゃないっすかぁ。やりましたねぇ!」
とか、もうワイワイ言いながら夢中になって筍掘りに取り組みました。

竹林で タケノコご飯 友の味

収穫した筍の計量も終わり、皆で野外のテーブルを囲み、昼食はFreddie手料理
による出来立て熱々のタケノコご飯で乾杯。

筍狩り02

皆、「カンパーイ!かんぱい!カンペー!がんばったよねぇ!バンザーイ!」と
タケノコご飯に舌鼓を打ちながら、語らいもにぎやかに、皆ご満悦。

個人的にはまた来年もこの企画是非お願いしたいと思いました。
世話係のFreddieに大感謝、竹林のオーナーにも感謝してそれぞれ帰路に。
ワタクシはH氏に船橋駅まで送ってもらいました、感謝。

筍狩り03

以上、都合で今回参加が叶わなかった皆様には当欄をお借りして今回のイベント
のお裾分けを少しだけさせて頂きました。

某氏、「ナニッ、タケノコのお裾分けじゃないんかい!」

青笹や 響く鶯 ホーホケキョ

さて、今月の学習会のトピックをご案内致します。

【中上級グループ用資料】
季節がらドイツの春の代表的なお祭り“Ostern”を取り上げました。
日本人のことですから、由来やその背景に関係なくバカ騒ぎするようになるのでは?
インターネットの下記サイトを一覧し、必ず予習をしてご参加をお願いします。
みなさま、よろしくお願いします。

http://www.dw.com/de/der-osterhase-bringt-die-eier/l-38416076

【初級グループ用資料】

【中上級グループ用資料】

4月11日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-04-02 (日) 22:58:08)

寒残り 花を待たずの 花見酒

4月2日、ご案内のお花見大会が開催されました。
ご参加された皆様、ありがとうございました、そして会場設定をされた幹事の方々
お疲れさまでした。当欄をお借りして御礼申し上げます。

当日は少し暖かくなったとは言え、前日までの氷雨、寒戻りで残念ながら蕾の桜を
愛でる花見となりました。
ワタクシは、言いたくありませんが、歳のせいか、体調のせいか途中何度かかなり遠方
にあるトイレに行くために席を立たざるを得ませんでした。

「ナサケナーァ!」

ドイツ語サークルからは13人(内ドイツ人4、オーストリア人2、中国人2)の方が
参加されました。お疲れさまでした。

花一分 花見酒して 洟垂らす

0402花見の様子

さて、ドイツ語会話熱烈学習の同士のみなさま、新年度となりました。
新しい職場、新しい環境、新しい役割等々、桜の花とともに再び心機一転、再びやる気を
呼び起こして新たなチャレンジに歩を進めて行きたいものです。

みなさま、ドイツ語会話学習、一緒に新たな一歩を踏み出してまいりましょう。

今月の学習会(4月11日)のディスカッションの資料を選びましたので予習をよろしく
お願いします
今回のテーマは、「幸せの尺度」です、「一体私たちは何を持って幸せだと感じ、思う
のでしょうか?」と、この記事は今年発表された国連の幸福度世界1位に選ばれた
ノルウェーを取り上げて問うています。

因みに前述のランキングでは日本は51位だとか、子供の貧困問題、格差拡大、少子高齢化、年金問題、財政巨額赤字等々、国内だけでも問題が山積み状態であるかと。
これらを少し思うだけで酔いも忽ちにして醒めてしまいます。

年一度 花見酒する 浮世かな
 
お花見をして浮かれている場合なのかと?
いや、お花見でもしてしばし浮世を忘れるしかないのではと?

【中上級グループ用資料】
「Das Glück wohnt in Norwegen」
http://www.podcast.de/episode/309321085/Das+Gl%C3%BCck+wohnt+in+Norwege

【初級グループ用資料】

2017/4/2 Kirscheblütefest (花見パーティーのお知らせ)

  • 投稿者:Freddie (2017-03-09 (木) 09:36:17)

Hallo, liebe Feundinen und Freunde, und Deutsch-mitlernende!

Die Kirschblütenfront wird in letzter Zeit langsam gesprochen und dessen Vorhersage meldet dass sie am 29. März in Tokio kommen würde.

Hier wird es mit grossen Freude mitgeteilt dass wir(Funabashi Multilingual Klub)eine gemainsame Kirschblütenfest am 2. April mit dem englischen, chinesischen und spanischen Klubs veranstalten.

Das Detail wird im folgenden erzählt;

2017花見パーティーのお知らせ

3月14日学習会(資料について)

  • 投稿者:Thomas (2017-03-05 (日) 20:53:02)

梅の香に 晩酌過ぎて ひとり酔う

すみません!
【初級グループ】
3月14日学習会の初級(Kenの)グループのテキスト資料は前回(2月14日)と同じもの
になりますので、そちらをご参考にして予習をしてきて下さい。 

【中上級グループ】
先の投稿文の最下段に掲示してありますサイトをコピーするなどして必ず予習をして、
学習会に臨んで下さいますようお願いします。

3月14日学習会

  • 投稿者:Thomas (2017-03-05 (日) 20:39:47)

梅枝に 目白ちょこちょこ ちょっちょっちょ

昨日に続き今日も吹く風は暖かく、一気に春めいてきました。
ドイツ語学習同好のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。

日曜日の今朝、満開の梅の木に目白が二羽、陽射しの中を花の蜜を求めて
ちょこちょこと枝から枝を忙わし気に動いていました。 

その様子をそっと窓越しに眺めていると、季節の移り変わりというものを
なにやらジーンと感じてしまいました。

ナッ、ナンですか!?
「アンタらしくもない!」
デスかね。

マア、言わせてくださいませ。
「どこかに出かけるでもなく、身近でこんなに美しい光景を見ることができ、
季節を感じることができるひと時、いったいあと何年、いや何回このような
風景を愛でることが出来るのだろうか?」と。

山路来て なにやらゆかし すみれ草(芭蕉)

この時期、わざわざお金を掛けて遠出しなくとも近場の野辺を歩いているだけ
で実に季節を感じさせてくれるこんな場面に出くわすことができます。

暑くもなく寒くもなく、吹く風はまだ少し冷たく感じられるかもしれませんが、
コートを脱いで近場を散歩するには最適だと思われます。

ナンですの?
「まだ寒いから。」
デスって!? ナニを軟弱なことを! 近場を歩きましょう!

しか〜し、みなさん!
この3月で福島の原発事故被災地は事故からすでに6年が経とうとしていますが、
そこに暮らしていた人達には事故前のなつかしいふるさとの山や川や野辺は、
この先何万年の間、もう絶対に元に戻ってくることはないでしょう。

日常のありふれた美しい風景の原状回復の問題はひとり福島県のみならず、です。

「えらそぅ〜!」
「アンタ、何を言いたいわけ〜?」

深山幽谷、基本山国である我が国、福島は言うに及ばず近隣各県の山々はあの時
降り注いだ放射性物質で汚染されており、その除去などはなから不可能となって
いるに違いありません。(学者さんたちはもっともっと発言するべきです。)

ひとたび原発事故が起きれば、取り返しがつかなくなることがわかっているにも
かかわらず、目先の経済、目先の利益、目先のつじつま合わせ、挙句、次々に
原発再開が行われようとしています。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる。」なのでしょうか? 「現状さえつじつまが
合っていればいい(景気回復、経済最優先)」と言うことなのでしょうか?

3月の学習会は、福島原発事故の起きた月でもありますので、原発取組みの
最先進国であるドイツの最近の記事を取り上げてみました。
是非、熱く議論して頂ければと思います。

【中上級グループ用資料】
http://www.dw.com/de/angst-vor-atomkatastrophen/l-37579897(Lesetext)

https://soundcloud.com/dw-learngerman/deutsch-lernen-b1-angst-vor-atomkatastrophen(ヒアリング用)

Klubs Kirschblütenfest in April

  • 投稿者:Thomas (2017-02-16 (木) 22:29:13)

Hallo, liebe Feundinen und Freunde, und Deutsch-mitlernende!
Die Kirschblütenfront wird in letzter Zeit langsam gesprochen und
dessen Vorhersage meldet dass sie am 29. März in Tokio kommen würde.

Hier wird es mit grossen Freude mitgeteilt dass wir(Funabashi
Multilingual Klub)eine gemainsame Kirschblütenfest am 2. April
mit dem englischen, chinesischen und spanischen Klubs veranstalten.

Das Detail wird im folgenden erzählt;

  • Anweisungen **
  • Wann? : am 2. April (Sonntag)
  • Wo? : am Ufer des“Ebigawa-Fluss”in Funabashi
    (Den Platz für uns wird voher vom Klub festgehalten aber dessen Sitzplätze sind ein Limit von 60 Leute im Maximum.
    Möchtet euch deshalb bitte beim Meet-Up vorher melden.)
  • Wie lange feiert man sie? : ab 11:30 bis ca.15:00 Uhr
  • Teilnahmebeitrag : 500 Yen
  • Eine Zusatz-Bitte : Die Fest wird im Potluck gehen, also jeder muss etwas zum Essen oder zum Trinken mitbringen und
    möglicherweise teilen. Und bringt auch dabei Gute Laune mit!
  • Verabredete Zeit und Treffpunkt :
    Wer, die nicht kennt wo Ebigawa-Fluss liegt, muss sich am berühmten Statue “Sacchan“ im Nord-Ausgang von Funabashi Bahnhof(JR) treffen aber bitte um 11:00 Uhr Punkt! und danach zum Festort zusammen zu Fuss gehen.
  • Wer noch unsicher ist, muss Thomas anrufen!: Tel. 090-5781-4058

2月14日学習会例会

  • 投稿者:Thomas (2017-02-01 (水) 20:29:54)

風荒(すさ)ぶ 枯野の日差し 春予感

先日の寒波で南国の私の生まれ故郷の村にも雪が降ったとの便り、
雪やこんこ(ん) アラレやこんこ(ん)♪♪〜、と歌った遠い昔が
懐かしく思い出される今日この頃です。

「あ〜ぁ、アンタもついに来たのネェ。」
「ついにっ!」
「ナニが!?」

さてさて、ドイツ語熱烈学習の同士のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?
トリ年の一月は、毎日が羽でも付いたかのように忽ち飛び去ってしまいました。

しかも、この頃は飛び去って行く日々に覆いかぶさるように連日報道される
アメリカの新大統領トランプのあからさまで独善的施策(大統領令)の発表や
ツイッター発言報道のおまけ付き! 世界中が翻弄されている様相です。

みなさまはこの状況をどのように受け取っておられるでしょうか?

大雪の 荒ぶる北の 春遠し

「アメリカファースト!」を声高に、居丈高に連呼するテレビに映るトランプの姿は、
確かにヒトラーに被さってくるような気がして暗澹たる思いなります。

国力が衰えたと言われていても、アメリカは経済力、軍事力、そしてIT技術を筆頭に
その先進性、先行性において今尚、いえ今後も世界をリードする(しなければならない)
筆頭国であることは紛れもない事実だと思われます。

雇用を取り戻すと声を張り上げますが、アメリカの失業率は現状4.7%(ドイツ6.0%)、
これは同国にとって過去数十年の中でもほぼ完全雇用に近いと言える状態です。

彼の言う「Die vergessenen Männer und Frauen (the forgotten men and women)」、多分熟練を必要としない単純労働や肉体労働者?の失業問題はアメリカの
国内問題である筈なのに、何ゆえアメリカより数頭国力の劣る隣国や他国を威圧し、
アメリカの利益優先ばかりを言い募るのでしょうか。

トランプ大統領は貧富の格差拡大(日本も同じ)こそを国内問題として真摯に語る
べきではないでしょうか。

彼の「アメリカファースト」とは、ひょっとしたら「節税や脱税でしこたま積み上げ
た彼の遺産や財産や利益、ファースト」という意味が込められているのではないでしょうか。

あるいは、自分の人気取りの為に国内の労働者階級はダシに使うだけで(朝日新聞1月30日)
自国の現実を直視しないで(できない)、自身はあたかも本音(WASPの)吐出しの政策を
実行しているかのごときごまかし政治では、何をか言わんやです。

社会の大きな歪や弊害(特に格差)は益々ひどく、さらにあからさまになり、
アメリカはもとより、トランプ(支持率40%強)によって吐き出される黒煙、
暗雲が世界中を大混乱に貶めてしまうのではないかととても憂えております。

2017年酉年は、いよいよ、いや、やはり大変な幕開けとなってしましました。

紅梅の つぼみ膨らむ 春予感

前置きが長くなってしまいましたが、2月14日の学習会テキストをご案内致します。
テキストは。やはりトランプ新大統領に関するドイツでの報道を選んでしまいました。
「毒食わば皿まで」の気持ちです。 再び時事問題でドイツ語学習に挑みましょう。
よろしくお願いします!!

【中上級グループ用資料】
下記のサイトを必ずご一覧頂き、予習をお願いします。
http://www.dw.com/de/america-first-verk%C3%BCndet-trump-zum-amtsantritt/a-37218534

ドイツ語掲示板過去ログ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional